新しい年がやってきましたね!

 

昨年はどんな年でしたか?
ほとんどの方が「大変な1年だった」と感じるのではないかと思います。

 

本当の意味で、自分というものを軸にして、
自分を生きる、ということ実行していたら、毎年大変です。

 

無駄な努力をしているから
とか
不平不満が多いから大変だ、
ということではなく

 

自分と向き合っているからこそ、逃げない、あきらめない。
どんどん課題が出てくるので、そこに立ち向かっていく、
という事になります。

 

本来の自分を軸にして生きるのは楽ではな

 

自分を軸にして生きることや
強みをのばすことは、
ラクをできるということではありません。

 

自分の強みだからこそ
本来の特性だからこそ

引き出して磨いて、
伸ばされて伸ばされて、

そのキツさ、というものがあります。

 

本来の強みが表にでると
圧倒的に成果がでるので
人も仕事もあつまってきます。

 

そうすると、強みだけで何とかなる…
という訳にはいかなくなります。

 

自分らしくとか
自分を生かしてとか
ありのままの自分で

と聞くとイメージがいいですよね。

 

でも、いざその状態になった本人には
本当の意味でのキツさがあります。

 

でも第三者からみると、とても輝いて見えるのです。

 

自分を生きると自然に美しくなる

本人はもう吐きそうなほど大変かもしれないけど

「あの人は自分を生きだしたな」
「本来の自分が輝きだしたな」

と他の人からは見えるのです

 

見た目にも反映されます。

本来の自分を軸に生きると
瑞々しく、自然な美しさが出てきます。

 

本来の自分を否定してやる

泥沼努力
しなくてもよい努力
しなくてもよい苦労。

 

そういったことをやって
偽りの自分を軸にして生きると、なぜかブスになります。
老けたり、人工的につくったりしたような印象になります。

きれいだとしても、どこか嘘っぽくなります。

 

もともとの自分の美しさというのは、みんなそれぞれが持っています。

自分を生きるとそれが自然と表に出てくるのです。

 

やっぱり『本来のあなた』を無視できない

 

わたしは「本来の自分をじぶんとして生きること」を、とても大事にしています。

 

私はビジネススクールの校長なので
ビジネスを押さなくてはいけないのですが。

 

ビジネスは絶対やった方がいいですし
お金は持っていた方がいいです。

 

選択肢も楽しいことも増えるし
行きたいところに行けて、自由を手に入れやすい。

だから売上をあげてほしい。

 

それと同時に
本来のあなたというのを無視できないのです。

 

学校にときどきいるじゃないですか?
熱血先生っていうの?

 

「本来のおまえはそうじゃないだろー!」って。

 

私自身は熱く語る方ではありませんが

やっぱり

あなたがアナタを生きていない、
ということを無視できないのです。

 

本当は目立ちたいし、誰よりも全面に出たいと思っているのに、後ろに隠れてしまうとか。
本当はおしゃべりマシーンなのに黙っているとか。

 

ビジネスの話の前に、そこを言ってしまうので、
「なんで?隠していたのに。なんでそれをいうの?」
と言われることもあります。

 

でも、実はビジネスで成果を出すために
とても関係があることなのです。

 

本来の自分を軸にして起業をする方がスムーズにいく

本来の自分を軸に生きて起業していくほうが
ほんとうの意味でスムーズにいきます。

 

 

我慢をしたり、気持ちを偽ったり

心の中では舌打ちをしているのに
顔はにこやかだとか。

 

ばれないかもしれない。
人にはわからないかもしれない。

 

でも、何とはなしに、言葉に、行動に、顔に、にじみ出るものなのです。
それが少しずつ、仕事にも家の中にも影響していきます。

 

どうか自分自身に、真摯に、素直に、生きてほしい。
そして、そんな自分を軸にビジネスも作っていってほしい。
それでこそ、ビジネスも自分の生活もスムーズにいき、飛躍します。

 

偽りの自分や
自分の中の何かを諦めてビジネスをすすむということは
おすすめしていません。

 

会社員やパート社員の場合でも同じです。

 

自分の中にある本当に強い部分、大切にしていることで飛躍する

 

誰かにあこがれるのはやめましょう!

 

自分の中にある、本当に強い部分、
大切にしていることが、
みんな絶対にあります。

 

それを引き出して、のばして
みんな飛躍して欲しいと思っています。

 

 


自分を生かした起業で

自分と自由とお金をつくる方法をお届けします。
OTONA NO JYOSHIKOH  Official Mailmagazine
大人の女子校公式メールマガジン
登録はこちら▶

Writer

この記事のライター
岡崎知美
岡崎知美
大人の女子校 校長。組織運営・マネジメントを得意とする。「幸せ」と「仕事」の両立を目指す女性から多く支持されている。