こんにちは^^
横浜から出張!フォトグラファーの
かねこ いずみ です。

私が女子校に入ってから、まだ2ヶ月。

 

というか、「まだ2ヶ月とは、思えなーい!」と、
言われました。
うん。よく言われます…^^;

 

さて、大人の女子校の公式メルマガ臨時号に
好きなときに書くことになったのですが。
⇒大人の女子校公式メールマガジンのご登録はこちら

 

「書きたいことを書きたいように書く」
これが私のお題。

 

大人の女子校は、「個人の強み」を推すから、
「読み手のことを考えずに書いてください」
という あまり一般的には聞かないような指示
が出たりします。

 

私は基本的には、視点が自己中心的に動く。

苦労して、受け手の視点に翻訳したり、
構成したりする。

 

自分勝手にならないように、
自分視点それ自体を否定的にとらえすぎる
傾向があるから、どうしても杓子定規になる。

だからこそのお題。
「書きたいことを書きたいように書く」

 

ほっといたって、書きたいようにしか書けないのに
書いて良いよと言われると、書けませーん!
って、なんのこっちゃ。

 

ホント、そう思うんだけど、
長年染み付いた後付の能力とかブロックって、
ほんと、半端ないパワーを持ってる。くっそー(><)

で、書けなくて、ひねりながら書いて、
自分でダメだし(笑)

 

そうしたら、大人の女子校 岡崎知美 校長から、
調整アドバイスが入ります。

いずみちゃん、
”脱力”と”集中”
“ま、いっか”と”本気”の、
センスが必要よ(^^)

集中と本気に偏りすぎだわさ^ ^
深刻化されて、問題の核心から離れちゃうからね。

あ…はい。そうですよね?…そうなんです…。あぅ。

で、むううーと思いながら、
ダラダラ グスグスしていたら…。

ん?んんんんん?予告出てる!タグついてる!
あー、やばい!もう逃げられない感。

 

で、また、わざわざ、それを話してみる。
「逃げられないことないよね。深刻化しないよー。」
と、モチロン、言われる。

 

ああ、これ、クセだ。生き方のクセ。
何でもかんでも、受動にしたい。
逃げられないことにしたい。

 

やりたい自分を無かったことにして、
そうしなきゃいけなくなった体裁にしたい。

 

「私が決めたんじゃないもん!」
という形にしたいという潜在意識。

 

”責任をとりたくない”んじゃ無くて、

”出しゃばってると思われたくない”の。
無意識に目立っては、出る杭打たれたから。
だって、じっとしていても、目立つんだもん。

 

いや、気がついちゃったら、
顕在意識でおなじこと、やりたくないから、
癖をとるしかないよね。

 

だって、むちゃくちゃ、恥ずかしいじゃん
…おう…。

やあねぇ、ほほほほ。…ガックリ。

 

気がついたら、あれもこれもそれも、出てくる。
やりたいことを、やらなきゃいけなくなった
に変換するアレコレ。
だからやっても良いでしょ~?って。

巧みに、そう持っていく自分。

 

…気が付きたくない、大義名分が欲しい病。

誰かにコレされたら、うっとおしいやつ。

 

例えば、ハロウィン直前に、娘に
「ハロウィンの仮装したい!それが出来ないなら、髪飾りつけて学校行きたい!」
と言われた。

 

ハンドメイド大好きな私は、「やりたい」で、ワクワクした!
久しぶりだから、嬉しい!
どうせ作るなら、可愛いの作りたい!
自慢できるようなの作りたい!

 

と、思ったはずなんだけど…。

 

一瞬で、作ってって言うからさぁ…に、変換。
それっぽいの売ってたら、それでOKにしよう
と思ったら、…売ってなかったからさぁ…。

 

じゃー、私が作るしかないな、やったー!ルンルン♪
って本音を自分でも無意識に、無い事にした。

 

そして、自分の作りたくてワクワクを、
娘の発言と、学校でもいけそうなという
大義名分にすり替えて、ダシに使ったってこと。

 

やりたいも、やりたくないも、
人を隠れ蓑にするなんて。ダサいねw

 

私は凸凹が激しいので、同じくらいに
できないことも多いし、ひどいものなんだけど、
そっちを無意識に見せようとする。

 

だから、私を許してねって。
なんか、出る杭してても、引っ込める努力してるから、たたかないでねって。

でも、相手には関係の無いこと。確かにこれは疲れる。

 

と、思っていたら…メルマガの定期ライターのアカガワクマコさんに
やっぱりタグをつけて発信してもらう。

 

えっと、私がグズグズしていても、全~く意に介さない大人の女子校が大好きです。
たいしたことがない気がしてくるから。それって、外のひとに対する適度な距離と、
信頼だと思うから。

 

親身にのってくれるのもありがたいけれど、どちらかというと、
軽くあしらってくれるの、好きです。

 

まだ、入って2カ月、いやもう2か月だけれども
こんな感じで、自分の変化を感じています。

 

こんなメンバーの心の葛藤も読める(笑)
メルマガにぜひ登録してみてくださいね。
⇒大人の女子校公式メールマガジンのご登録はこちら

 


自分を生かした起業で

自分と自由とお金をつくる方法をお届けします。

大人の女子校公式メールマガジン
登録はこちら▶

Writer

この記事のライター
かねこ いずみ
かねこ いずみ
横浜を拠点に出張撮影を行っています。健康的な写真調整、コンセプトが伝わるアイキャッチ画像作成も。7&5歳のママ・うさぎ好き。